資金繰り

資金繰り.net > 知ってて常識?!基礎知識A

知ってて常識?!基礎知識A

ビジネスローン 金利 の計算方法




ビジネスローンの金利の出し方をあなたはご存知ですか?
最低限の知識ですからビジネスローンを利用しようと考えている方は
ぜひ知っておいてください。


もっとも基本的な利息の計算方法は、
借りた金額(残りの残高)×年利÷365×借入期間です。


そうです年利は広告に年利○○%と書かれているあれです。
たとえば年利10%で100万円を30日間借りた場合を考えてみると、
1000000×0,1(10%)÷365×30=約8219円です。


つまり約1か月で8000円弱の利息がつくことになります。
返済の計画を立てるときにはぜひ参考にしてください。


ほとんどのビジネスローン会社がこの計算方法に従っていると考えてください。
ですがこの計算方法によらない利息の計算を行っている会社もあります。


借り入れの場合は利息の計算方法をちゃんと確認してください。
でないと地獄に落ちる(笑)
いやいや返済計画に大幅な遅れが出てしまうかもしれません。

ビジネスローン 即日 申し込みに必要なものは?




ローン契約に必要なもの、ご存知ですか?
必要書類は金融庁が定める本人確認法に基づく書類。


おなじみの健康保険証、運転免許証、パスポートなどなどです。
これだけで借りることができる会社もありますが、
この他にも源泉徴収票や給与明細、などの所得を証明することのできる
書類をそろえる必要があります。


こういった場合は大体相場で50万円を超える借入をする場合に必要です。
これらは来店して窓口で借入をする場合に必要な書類です。


またインターネットで申し込む時に忘れがちなのが
携帯電話と自宅の電話を両方申し込むことです。


これは自宅に連絡が来た場合、
また不測の事態(携帯の紛失、解約等)が起きて携帯が不通になった場合
自宅に連絡をすることができます。


またあなたが事故等に遭い、支払いが延びることになった場合に
早急に連絡するためにも携帯の番号は必須です。


そのほかにもご自身の学歴、職歴、
会社に入社した年などを事前に確認しておきましょう。


ビジネスローン 相談窓口 は不要?




昨今ではインターネットでビジネスローンの査定ができます
今務めている会社の名前、業種、従業員数、資本金、創業年月、
設立年月、前年度の売上など会社に関する情報を記入し、


次にご自分の個人情報を入力します。
そこで勤続年数、家族構成、前年度の個人所得、
勤続年数などなどを記入していきます。


最後にあなたの希望する融資金額を記入し、
返済日と希望融資期間を記入したあと申込をクリックすれば
審査をしてくれます。


あとは返事を待つだけです。簡単な時代になりましたね。
ネットで行えばもう窓口までいく必要はありませんよね。


もし審査で融資ができないとわかっても、
窓口では少し気恥ずかしい気持ちがしますが、
ネットなら恥ずかしい思いもしないで済みますよね。


ローン会社にもよりますが、ビジネスローンで融資してくれる金額は
大体百万円から一千五百万円までとかなり幅が広いです。


つまり小さなビジネスから大きなビジネスまであなたの力になってくれます。
そのスタートとしてネットでの査定をしてみませんか?